通販で購入できる冷凍弁当を徹底比較!


一人暮らしの母に、簡単に作れて、しかも栄養のバランスがとれたものを食べさせたい!と思っていろいろ探した結果たどりついたのが、冷凍宅配弁当でした。

母は85歳と高齢でしかも一人暮らし、おまけに高血圧症なんです。
食事を作るのも面倒くさそうで、栄養のバランスなんかおかまいなしで、テキトーにさっと作って食べてました。

そんな母のために、電子レンジでチンするだけですぐにできて、しかも栄養のバランスはバッチリの冷凍弁当を頼んでみようと思いました。

最初は半信半疑だった母も、今では喜んで食べています。

一番良かったのはどれ? おすすめの冷凍弁当ランキング

高齢の母のために冷凍弁当を購入するにあたって重視したことは以下の点です。

  1. 栄養のバランスはとれているか
  2. 続けられる価格なのか
  3. 塩分やカロリーなどの制限食の種類があるか
  4. 噛めて飲み込めるかたさか
  5. 味は美味しいのか
  6. 他の弁当にはない特徴があるか

1と2については、すべての会社が、管理栄養士が組み合わせたものを、国内の工場で製造しているので問題なし、一食あたり価格についても目立つような差額はありません。
なので3から6までの項目を比較してみました。

制限食の種類 やわらか食 他にない特徴
ニチレイフーズ 5種類 臨床試験食
食宅便 4種類
やわらかダイニング 4種類 3種類のやわらか食
つるかめキッチン 4種類
スギサポdeli 2種類

上記の情報を比較して、おすすめのお弁当をランキング形式で紹介します!

通販で購入できる冷凍弁当おすすめランキング

  • ニチレイフーズダイレクト

    日本で初めて冷凍食品をつくった企業としてのノウハウでカロリーや塩分などの栄養成分に対する配慮だけでなく、おいしさや満足感も追及しています。

    評価
    7食セット価格(税込み)5,500円
    送料800円(5,000円以上で無料)

    ◆【制限食の種類】5種類・【やわらか食】アリ・【味】すごく美味しい!・【他にない特徴】臨床試験用基準食に使用、単品購入可能
    【寸評】冷凍食品を作ってるだけあって、かなり美味しいですよ。大手なのでそれなりのノウハウがあるんでしょうね。単品からでも購入できるし、なにより臨床試験用基準食に使用されているのが大きなポイントです。臨床試験用基準食については下で説明しますね。

  • 食宅便

    約9,000人の管理栄養士・栄養士を擁する日清医療食品の食事宅配サービスでカロリーや塩分に配慮したメニューを作っています。

    評価
    7食セット価格(税込み)4,340円
    送料2セットまで390円、3セットから無料

    【制限食の種類】4種類・【やわらか食】アリ・【味】普通に美味しい・【他にない特徴】ナシ
    【寸評】普通に美味しく食べられます。病院にもおろしているだけあって、栄養バランスがとれていてなおかつバラエティーに富んだ食材です。ニチレイフーズがちょっと高いかなと感じる方は、こちらがいいかも。

  • やわらかダイニング

    ご高齢の方でも食べやすいように、独自の調理法でやわらかく仕上げています。家庭料理のような優しい味付けのおかずを作っています。

    評価
    7食セット価格(税込み)4,968円
    送料700円、定期購入で350円

    ◆【制限食の種類】4種類・【やわらか食】アリ・【味】普通・【他にない特徴】やわらか食が3種類
    【寸評】味は普通です。可もなく不可もなし。最大のポイントはやわらかさでしょう。3段階のやわらかさで、一番やわからなものは、おかずの形はしっかりしていますが、ムース状のやわらかさです。噛んだり飲み込む力が特にない高齢者にはピッタリ!

その他のおすすめ冷凍弁当

つるかめキッチン

専属の管理栄養士が、毎日の食事を美味しく楽しくできるように栄養バランス、味のバランスを考慮しながら工夫をしています。
⇒⇒⇒公式サイトはコチラ
スギサポdeli

健康な食生活を目指す方や病気で食事制限が必要な方やシニアの方々など、誰もが美味しく召し上がれるお食事を作っています。
⇒⇒⇒公式サイトはコチラ

一番おすすめの冷凍弁当は「ニチレイフーズダイレクト」!

ニチレイフーズダイレクトをおすすめする3つの理由

  • 美味しい!
  • 単品でも購入できる!
  • 臨床試験用基準食に使用されている!
ニチレイさんは冷凍食品のパイオニアなので美味しいし、単品から購入できるのも、好きなものを頼めるのでいいですね。

しかし、わたしがもっとも重視しているのは通販されているニチレイの冷凍弁当が臨床試験用基準食にも使用されているというところなんです。

臨床試験用基準食とは新しいサプリや新薬、トクホや運動効果の測定の際、被験者に使用される食事のことです。

臨床試験用基準食に使用される条件は表示上の栄養成分と実際の栄養成分との誤差が限りなく少ないことなんです。

同じメニューでも肉や魚の使用部位が違うと100kcal違うなんてことも普通にあるようなんです。
同じように、塩分、たんぱく質、糖質などの誤差もあります。

私の母は高血圧ですが、塩分が1.3gと信じて食べた弁当に、実際は2.5gだったなんて考えると、ちょっと心配しちゃいます。

高齢者が食べるものですから、1gの栄養成分が、積み重なって命取りになる可能性もあると思うんです。

「臨床試験用基準食に使用されている」これがニチレイフーズダイレクトをおすすめする最大の理由なのです!

↓↓↓↓↓↓↓公式サイトはコチラをクリック!↓↓↓↓↓↓↓


ニチレイフーズの冷凍弁当の実食徹底レポート

今回は塩分Dコース(7食セット)の「若鶏のグリルトマトソース仕立てとおかず5種」を紹介していきます。

「若鶏のグリルトマトソース仕立てとおかず5種」

若鶏のグリルトマトソース仕立てとおかず5種

主菜は「若鶏のグリルトマトソース仕立て」
副菜は「トマトソースパスタ」「ホウレンソウのソテー」「じゃがいものバジルソテー」「コーンとれんこんのマヨ和え」「温野菜サラダ」

栄養成分表示

栄養成分 内容量
エネルギー 218kcal
たん白質 10.8g
脂質 11.0g
炭水化物(糖質・食物繊維) 20.8g(17.0g・3.8g)
食塩相当量 1.6g

若鶏のグリルトマトソース仕立て&トマトソースパスタ

「若鶏のグリルトマトソース仕立て」&「トマトソースパスタ」
チキンとパスタは一緒になっています。
メインのトマトソースの鶏肉は、ジューシーかつとても柔らかくてパスタと一緒に食べるとおなか一杯になります。

じゃがいものバジルソテー

ホウレンソウのソテー

「じゃがいものバジルソテー」
じゃがいもはホクホクしてバジルが味のアクセントになっています。

「ホウレンソウのソテー」
ソテーの味があんまりしません。
ちょっと水っぽく感じました。

温野菜サラダ

コーンとれんこんのマヨ和え

「コーンとれんこんのマヨ和え」
れんこんがシャッキリとして美味しいのですが、マヨの味がちょっと薄いかな。

「温野菜サラダ」
温野菜はゴマ風味で食べ応えがあり、野菜好きにはうれしい一品です。

若鶏のもも肉をやわらかくジューシーに焼きあげたチキンステーキです。
チキン好きにはおすすめの冷凍弁当です。

ニチレイフーズの公式サイトはコチラ

↓↓↓もっと詳しいレビュー記事を見るにはこちらをクリック↓↓↓
ニチレイフーズ冷凍弁当のレビュー※実食レポート&口コミ・評判!

冷凍弁当の通販で安いのはどこ?格安冷凍弁当ランキング

価格の安い順で冷凍弁当を紹介しています。

順位 会社名 1食の平均単価
1位 ヨシケイ 340円
2位 食宅便 676円
3位 ニチレイフーズ 786円
4位 おまかせ健康三彩 794円
5位 ウェルネスダイニング 794円
6位 スギサポdeli 809円
7位 やわらかダイニング 810円
8位 つるかめキッチン 841円
9位 わんまいる 1,010円

(注)1食の平均単価は(代表的なセット代金+都度購入の送料)÷個数で計算しています。

一番安いのはヨシケイです。ヨシケイはヤマト運輸とかに委託するのではなく、自前の輸送網を利用しているので送料がかかりません。

初回の購入に至っては、この価格の半額になります。
ただし、自前の輸送網だけあって、お届けできる地域が限定されます。あなたの地域が含まれているか公式サイトで確認する必要があります。
>>>【初回半額】夕食.netの「冷凍宅配弁当」
また、塩分やカロリーなどの制限食がないのも残念な部分です。

制限食なら2位と3位の食卓便やニチレイフーズがおすすめです。
※食卓便の公式サイトはコチラ⇒⇒⇒食宅便
※ニチレイフーズの公式サイトはコチラ⇒⇒⇒ニチレイフーズダイレクト

冷凍弁当を自然解凍するのってアリ?


通販で購入できる冷凍弁当を自然解凍して食べていいのでしょうか。衛生面や食中毒の問題はないのでしょうか?

結論から言うと、冷凍弁当を自然解凍することは非常に問題があります。
絶対にやってはいけません。冷凍弁当の表示(例:電子レンジ500wで4分間など)にしたがって解凍しましょう。

理由は冷凍弁当にとって自然解凍は細菌が繁殖する絶好の条件になるからです。

細菌が繁殖する条件は、細菌にとって栄養があること、栄養が溶け出す水があること、細菌が活動しやすい温度帯であること、の3つです。

つまり活動しやすい温度の中で、水に溶けだした食材の栄養を食べて細菌は増えていくのです。

自然解凍はこの3つの条件をみたしています。なので、絶対に冷凍弁当を自然解凍してはいけません。

冷凍弁当の安全性が気になる!という方へ徹底解説


冷凍弁当は体にとって安全なんでしょうか。食中毒など大丈夫なんでしょうか。
そんな心配をしているあなたに、冷凍弁当ができるまでの4つの安全性のチェックポイントを紹介します。

作り手の衛生チェック
食材の安全性ももちろん大事ですが、多くのトラブルは作り手に原因があります。

体調が悪いにもかかわらず工場にきて、結果としてノロウイルスやO-157などのウイルスを感染させてしまうということもあります。

なので工場へきたら、体温を測り熱がないかチェックします。

その後、ほこりの除去、手洗い、アルコール殺菌、エアシャワーを済ませて作業場へ入ります。

フリーザー急速凍結
調理した食材を高い温度のままゆっくり冷ますと、菌が繁殖しやすい温度帯に長く食事をおいてしまいます。

その時間を短縮するためにチルド冷却をします。具体的には4℃で冷却し食材が25℃以下になるまで冷まします。

その後、できるだけ早く盛り付けを行い、できあがった弁当をフリーザーに入れて急速冷凍するのです。

異物混入チェック
異物混入の代表的なものは髪の毛と手袋の切れ端であるビニールです。

髪の毛は充分に注意していても時間の経過とともに出ちゃうことがありますので定期的に粘着テープなどで除去します。

手袋については30分ごとに交換し、手袋が切れるのを防ぎます。

手袋の交換は汚れや菌を引き継がないなど、衛生面においても重要です。これらに加えて金属探知機やX線異物検出機なども使用して異物混入を防ぎます。

出荷直前チェック
出荷直前に最後の品質検査があります。

味覚評価と衛生検査です。

まず専門の味覚評価員が味に異変はないかチェックします。

その間に実験室では全食材を磨り潰してできた検体を培養し、菌の繁殖を調べます。

上記以外にもいくつものチェックをへて、冷凍弁当はあなたの手元に届きます。

介護用の冷凍弁当の種類を教えて


一口に介護用の食事といってもいろいろな種類があります。
どういう病気で介護食を必要としているのかを見極めて介護食を選ばなければなりません。
基本的には主治医の意見をよく聞いて下記の例を参考にしてください。

噛む・飲み込む(咀嚼・嚥下)機能が低下
高齢になるとどうしても、噛む、飲み込むというような力が衰えてきます。

そのような方のためにやわらかい介護食があります。

種類は、普通にちかいものから、ムース状のものまであります。噛む・飲み込む機能を重視するなら、このサイトで紹介している「やわらかダイニング」がおすすめです。

高血圧症
日本高血圧学会は食塩の過剰摂取が血圧上昇と関連があると明言しています。

塩分の制限として1日6g未満を推奨しています。これを3度の食事で割ると1食あたり2g未満の塩分量の冷凍弁当が必要になります。

糖尿病
糖尿病には2種類の治療方法があります。

1つは血糖値を下げる薬を服用しながらの治療、もう1つは薬を服用しない治療です。

薬アリの場合はカロリーを制限しなければならず、薬ナシの場合は血糖値を上げる原因である糖質を制限しなければなりません。

なので、介護食も前者の場合はカロリー制限食、後者場合は糖質制限食になります。

腎臓病
腎臓病の介護食は非常にやっかいです。

病気のステージによっても変化します。一番重いステージだとカロリー、たんぱく質、塩分、カリウム、リンや水分までも制限しなければなりません。

主治医とよく相談し、冷凍弁当の会社とも相談したほうがいいでしょう。

脂質異常症・肥満
脂質異常症とは簡単に言うと、悪玉コレステロールが多すぎたり、善玉コレステロールが少なすぎたりする病気です。

カロリーや脂質をコントロールすることで適正体重を目指します。

したがって冷凍弁当も、カロリーや脂質少なめのものを選びましょう。

宅配の冷凍弁当が一人暮らしに最適な理由とは

わたしの場合は一人暮らしの親のために冷凍弁当を購入していますが、本人が一人暮らしの場合でも、冷凍弁当はおすすめですよ。

以下のような方には特におすすめなので冷凍弁当を購入してみるのもいいかもしれません。

  • 健康診断で血圧や血糖値に異常な数値が出た。
  • 食事の準備や片付けがうっとおしい。
  • 外食で好きなものに偏っているので栄養バランスを見直したい。
  • 食材を買うと余らせて腐らせてしまう。
  • 食費を節約して貯金をしたい。
  • 忙しくて自炊の時間がなかなかとれない。
  • 自炊のレシピやメニューに飽きがきている。
上記のようなことで悩む方々にとって冷凍弁当はお役にたちます。冷凍弁当のメリットを紹介します。
  • 好きな時に電子レンジでチンするだけで、すぐに食べられる。
  • 専門の管理栄養士が企画するので栄養のバランスが良い。
  • 一人分の自炊コストよりも安くあがる。
  • 本人の健康状態にあわせた制限食を選べる。
  • 後片付けも楽ちん。
  • 賞味期限が数か月あるので余裕をもってストックできる。

以上のようなメリットに魅力を感じたら、冷凍弁当を試しに購入してみるのもいいかもしれませんね。
↓↓↓↓↓↓↓おすすめの冷凍弁当はコチラをクリック!↓↓↓↓↓↓↓