一人暮らし・単身赴任に最適の冷凍弁当とは?冷凍弁当のメリットを解説

今回は下記のような一人暮らしや一人暮らしの家族をもつ、あなたのために最適な宅配の冷凍弁当を紹介します。

  1. 実家を離れて働いている独身のあなた
  2. 都会で一人暮らしの子供(息子、娘)をもつあなた
  3. 単身赴任中の夫をもつあなた
  4. 夫(妻)に先立たれた田舎に住む病気がちの母(父)を心配するあなた
一人暮らしといっても老若男女、そのケースも様々です。

ここでは代表的なケースを挙げてそれぞれに最適な冷凍弁当をランキング形式で表示しています。⇒⇒⇒⇒ランキングから先にみる

一人暮らしの食生活の問題点とは?

自炊の問題点

一人暮らしにとって食材や水道光熱費は割高となっています。

なぜなら食材に限らず、水道光熱費に至るまで料金体系はファミリータイプを基準に設定されているからです。

最近でこそ、一人分の食材がスーパーなどで販売されるようになっていますが、ほとんどは家族向け用の量で販売されていますので、余らせて腐らせてしまうこともあります。

外食の問題点

外食の場合は栄養のバランスとコストが問題点です。

なぜなら栄養バランスの崩れは長い目で見て健康をそこない、コスト面ではお金が飛んでいくからです。

コンビニ弁当やマックなどのジャンクフードなどを食べ続けると、脂質、糖質を大量に摂取してしまい、肥満、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、高血圧症などの予備軍になる可能性があります。

一人暮らしにとっての冷凍弁当のメリットとデメリットとは?

冷凍弁当のメリット

  • 偏った外食や下手な自炊に比べて栄養のバランスがよい。
  • 食事の準備、後片付けが楽チン
  • 自炊で食材を余らせることがない。
  • 自炊するより冷凍弁当のほうが安上がり。
  • 親に宅配してもらうことは同時に安否の確認にもなる。
  • 冷凍なので賞味期限が長く、好きな時に食べることができる。
  • 病気に対応した栄養制限食を自炊しなくても食べられる。
まとめると、健康な人でも病気の人でも栄養のバランスをしっかりとれて、食事の準備や後片付けも楽で、食材が余らないのでコストパフォーマンスがよく、いつでも食べられるというのがメリットです。

冷凍弁当のデメリット

20代~30代の若い男性にはボリューム不足かもしれません。

もう1品ぐらい自前で購入するといいかもしれませんね。

一番の問題はストックです。多くの冷凍弁当は1セット7食から10食で販売しています。

けっこうな量になるので一人暮らし用の小さな冷蔵庫だと冷凍設備が極端に小さいので入らない可能性があります。

60Lぐらいの容量だと安い冷凍庫が2万円以内で購入できます。

冷凍弁当だけでなく他の冷凍食品もまとめて貯蔵できるので長い目で見たらコスパがいいかもしれません。

ケース別、一人暮らしに最適な冷凍弁当のおすすめランキング

前に紹介した方々のケース別にランキング形式でおすすめを紹介します。

  1. 実家を離れて働いている独身のあなた
  2. 都会で一人暮らしの子供(息子、娘)をもつあなた
  3. 単身赴任中の夫をもつあなた
  4. 夫(妻)に先立たれた田舎に住む病気がちの母(父)を心配するあなた
1と2の対象者はほぼ同じで、男性だと20代~30代でボリューム優先、女性なら20代~30代前半で自炊よりもコストがかからない、男女兼用だとバラエティー重視で選びました。

1と2の対象者は通常のランキングではなく、1位を男性用、2位は女性用、3位を男女兼用としました。

下記のランキングは1と2の対象者のためのものです。

一人暮らしの男女におすすめの冷凍弁当ランキング

1位:ナッシュ

単身赴任低糖質でありながらボリュームある健康志向の強い冷凍弁当です。味も冷凍弁当の中ではほぼトップクラス。注文のセットは4、6、8、10、20食から選べて、多くなればなるほど割引(最大30%)も大きくなります。

1セット(税込) 5,918円 送料(税込) 940円
1食平均価格 686円 弁当個数 10個
2位:ヨシケイ

価格の安さは断トツです!ほかのお弁当よりはちょっと小さいので、そこまで食べない女性向けに向いています。和洋中の3食で1セット1,020円、1食あたり平均価格は340円。初回の利用はこの半額、170円で購入できます。

1セット(税込) 1,020円 送料(税込) 無料
1食平均価格 340円 弁当個数 3個
3位:食宅便

主菜1品に副菜4品から5品で構成され、1食あたり平均価格も676円と冷凍弁当の中で1番コストパフォーマンスが高いといってもよいのが食卓便です医療施設向け食事サービスNo.1の日清医療食品が提供しています。

1セット(税込) 4,340円 送料(税込) 390円
1食平均価格 676円 弁当個数 7個

3の単身赴任中の夫については30代~40代で仕事が忙しく、食生活の不規則な男性を想定しています。

ボリューム、健康志向、成人病予防などをポイントに選びました。

下記のランキングは3の対象者のためのものです。

単身赴任中の夫におすすめの冷凍弁当ランキング

1位:ナッシュ

単身赴任低糖質でありながらボリュームある健康志向の強い冷凍弁当です。味も冷凍弁当の中ではほぼトップクラス。注文のセットは4、6、8、10、20食から選べて、多くなればなるほど割引(最大30%)も大きくなります。

1セット(税込) 5,918円 送料(税込) 940円
1食平均価格 686円 弁当個数 10個
2位:わんまいる


1食あたり平均価格は1,104円とかなり高いですが、とにかく美味しいものが食べたいという方にはピッタリです。他社のように容器ではなく真空パックで個別包装されているので冷凍庫でスペースをとりません。

1セット(税込) 4,600円 送料(税込) 918円
1食平均価格 1,104円 弁当個数 5個
3位:食宅便


主菜1品に副菜4品から5品で構成され、1食あたり平均価格も676円と冷凍弁当の中で1番コストパフォーマンスが高いといってもよいのが食卓便です医療施設向け食事サービスNo.1の日清医療食品が提供しています。

1セット(税込) 4,340円 送料(税込) 390円
1食平均価格 676円 弁当個数 7個

4については、高齢者が対象なので、病気に対応した栄養制限食があること、栄養成分の表示が正確なことなどをポイントに選びました。

下記のランキングは4の対象者のためのものです。

一人暮らしの高齢者におすすめの冷凍弁当ランキング

1位:ニチレイフーズ


冷凍食品大手のニチレイフーズが提供している冷凍弁当です。栄養制限が必要な方向けの糖質や塩分、脂質を抑えたコースなどバリエーション豊かなコースがあります。医療機関からの信頼も厚く、新薬などの被験者の食事などにも採用されています。

1セット(税込) 5,500円 送料(税込) 無料
1食平均価格 786円 弁当個数 7個
2位:やわらかダイニング


他社でもやわらか食を提供するところはありますが、宅配の冷凍弁当でムース食を提供しているのはココだけです。見た目は普通の料理の形なのに、食べてみると、ほとんど咀嚼することなく、押しつぶせるように調理されています。

1セット(税込) 5,616円 送料(税込) 756円
1食平均価格 910円 弁当個数 7個
3位:食宅便


主菜1品に副菜4品から5品で構成され、1食あたり平均価格も676円と冷凍弁当の中で1番コストパフォーマンスが高いといってもよいのが食卓便です医療施設向け食事サービスNo.1の日清医療食品が提供しています。

1セット(税込) 4,340円 送料(税込) 390円
1食平均価格 676円 弁当個数 7個

一人暮らし・単身赴任に最適の冷凍弁当まとめ

今回掲載した冷凍弁当各社の特徴をまとめてみました。

会社名 特徴
ナッシュ ボリュームがあって美味しくて糖質オフでヘルシー!
ヨシケイ ありえない安さ、とにかく安い!
食卓便 通常食から制限食まで多彩なメニュー、オールラウンドプレーヤー!
わんまいる ちょっとお高めだけどかなり美味しい!
ニチレイフーズ 医療機関からの信頼絶大、オールラウンドプレーヤー!
やわらかダイニング やわらか度は3段階!高齢者に人気!

一人暮らしは、仕事で疲れていたり体調が悪くても、かわりに食事を用意してくれる人はいません。

本人か家族がしっかり管理していないと健康をそこなう可能性があります。冷凍弁当はいつでもすぐに準備できて簡単に食べられる強い味方になりますよ。