タンパク質重視の冷凍弁当まとめ※ボディメイクや腎臓病に最適な冷凍弁当はコレ!

通販で購入できる冷凍弁当にはタンパク質の量を調整したものもあります。

具体的には、バルクアップ(筋肉増量)や脂肪を減らす引き締めなどボディメイクに特化したタンパク質の多いものや腎臓病の方でも食べられるタンパク質やカリウムなどを制限したものなどがあります。

ここでは、それぞれの目的に合わせた冷凍弁当の比較やおすすめの人気ランキング、タンパク質に関するQ&Aなどを紹介します。

筋肉や引き締めにおすすめの冷凍弁当ランキング

バルクアップ(筋肉増量)や脂肪を減らす引き締めなどのボディメイクを目指すなら、タンパク質の多い冷凍弁当がおすすめです。

たんぱく質比較表

会社名 タンパク質 セット価格 送料 1食平均単価
マッスルデリ 30-65g 5,832円 価格に含む 1,166円
nosh(ナッシュ) 12-41g 5,918円 940円 685円

(注)マッスルデリは1セット5食、nosh(ナッシュ)は1セット10食

筋肉や引き締めにおすすめランキング

1位:マッスルデリ


コースは3つ、簡単にいうと主に女性用の減量引き締めコース、男女兼用の体形維持コース、男性用の増量マッチョコースです。
自宅でのボディメイクに適した高タンパク中心の冷凍弁当を宅配してくれます。
ジムでもトレーニング直後にレンチンすればすぐに食べることができます。 引き締めコースでもけっこうなボリュームなのでリバウンドすることなく継続することができます。

タンパク質 30-65g
セット価格 5,832円
セット食数 5食
送料 価格に含む
1食平均単価 1,166円

マッスルデリの公式サイトはコチラ

2位:nosh(ナッシュ)


和食、洋食のプロが調理した高タンパク、低糖質の冷凍弁当です。通常のメニューに加えてダイエットやトレーニングなどに特化したものもあります。
トレーニングコースは、ナッシュのなかでもタンパク質の多いものをチョイスしていますのでボディメイクにはピッタリです。
メインのプレート以外にも、リゾットやスープやデザートもあるので飽きずに楽しめるのも魅力です。

タンパク質 12-41g
セット価格 5,918円
セット食数 10食
送料 940円
1食平均単価 685円

nosh(ナッシュ)の公式サイトはコチラ

筋肉や引き締めにおすすめは「マッスルデリ」

「マッスルデリ」をおすすめする5つの理由

  1. ボディメイクに特化した栄養素の構成
  2. 性別、目的別にあわせた3コース
  3. リバウンドをしづらく、無理なく続けられる食事方法
  4. ビタミンB6を含むメニュー
  5. トランス脂肪酸不使用

マッスルデリは性別、目的別にあわせた3コース(LEAN、MAINTAIN、GAIN)でボディメイクに特化した栄養素の構成をした冷凍弁当を提供しています。

 

ボリュームや味なども工夫されていてリバウンドしづらく、無理なく続けられる食事をめざしています。

 

特に健康面にも配慮して、タンパク質の吸収を高める栄養素ビタミンB6を多く配合したり、心疾患、脳卒中など健康被害を高めるといわれているトランス脂肪酸を使用していません。

 

オリーブオイルやごま油で調理をしています。

性別、目的別にあわせた3コース

コース カロリー タンパク質 性別
LEAN(引き締め) 350-450kcal 30-40g 女性向き
MAINTAIN(維持) 450-550kcal 40-50g 男女兼用
GAIN(増量) 550-750kcal 55-65g 男性向き

各コースの価格

コース 5食(税抜き) 10食(税抜き)
LEAN(引き締め) 5,300円 9,800円
MAINTAIN(維持) 5,800円 10,800円
GAIN(増量) 6,800円 12,800円

マッスルデリの公式サイトはコチラ

マッスルデリの実食レポート

「豆腐ハンバーグと鶏肉と野菜の味噌炒め味噌炒め」

栄養成分表示

栄養素 LEAN MAINTAIN GAIN
カロリー 373kcal 460kcal 635kcal
タンパク質 33.2g 43.5g 58.5g
脂質 9.3g 12.7g 16.3g
炭水化物 37.1g 40.5g 60.4g
糖質 34.3g 37.3g 55.5g
食物繊維 2.8g 3.2g 4.9g

主菜は「豆腐ハンバーグと鶏肉と野菜の味噌炒め味噌炒め」
副菜は「鶏肉と野菜の味噌炒め」
玄米ご飯

豆腐ハンバーグ

「豆腐ハンバーグ」
MAINTAINコースなのでレンチ5.5分ですが、ハンバーグの下半分がちょっと冷たく感じました。
もう30秒延長してもいいくらいです。
豆腐ハンバーグの固めの歯ごたえとコクのあるトマトソースはとてもマッチしていて食べ応えもあり、美味しくいただきました。

鶏肉と野菜の味噌炒め&玄米ご飯

「鶏肉と野菜の味噌炒め」
みそ炒めという感じはあまりしません。
塩味であっさり炒めてあるという感じです。
すごく食べやすいので、ご飯が進むと思います。

総評:このお弁当も美味しくて満足できました。豆腐ハンバーグなので味はあまり期待していなかったのですが、コクのあるトマトソースでハンバーグのあっさり感をカバーしています。
鶏肉と野菜の味噌炒めも思ったよりボリュームがあっていい構成になっています。
レンチン時間はのばしたほうがいいみたいですよ。

腎臓病のためのタンパク質制限食ランキング

タンパク質制限食を比較しました。

会社名 コース カロリー 塩分 タンパク質 カリウム
ウェルネスダイニング タンパク&塩分調整 300kcal以上 2.0g以下 10.0g以下 500mg以下
食宅便 タンパクケア 300kcal以上 2.0g以下 10.0g以下 500mg以下
ニチレイフーズ タンパク質コース 240kcal以上 1.8g以下 10.0g以下 408mg以下
スギサポdeli タンパク調整食 300kcal以上 2.0g以下 10.0g以下 500mg以下
つるかめキッチン タンパク質&塩分制限 294kcal以上 2.0g以下 9.8g以下 500mg以下

腎臓病のためのタンパク質制限食ランキング

1位:食宅便 タンパクケア


1食あたりのタンパク質10g以下、塩分2.0g以下、カリウム500mg以下、カロリー300kcal以上。
冷凍弁当のシェアは日本一でCMでもおなじみのブランドです。
スケールメリットを生かしたコストカットで1食あたりの平均単価も一番安い
主菜も必ず肉と魚の2品あり、副菜と合わせて5品とバラエティーに富んだメニューとして人気があります。

コース タンパクケア
セット価格 4,340円(7食)
送料 390円
1食平均単価 675円

食宅便 タンパクケアの公式サイトはコチラ

2位:ニチレイフーズ タンパク質コース


1食あたりのタンパク質10g以下、塩分1.8g以下、カリウム408mg以下、カロリー240kcal以上。
冷凍食品の大手で冷凍技術に実績があるので味は美味しいです。
またセットメニューだけでなく単品でも購入できるので好きなメニューだけ選ぶことも可能です。
栄養表示も正確なので信頼感があります。

コース タンパク質コース
セット価格 5,300円(7食)
送料 無料
1食平均単価 757円

ニチレイフーズ タンパク質コースの公式サイトはコチラ

3位:ウェルネスダイニング タンパク&塩分調整



1食あたりのタンパク質10g以下、塩分2.0g以下、カリウム500mg以下、カロリー300kcal以上。
ウェルネスダイニングには決まったセットメニューがありません。
継続するなら毎月新しいメニューが追加されるので飽きは来ないと思います。和洋中のバラエティーに富んだお弁当が食べられます。

コース タンパク&塩分調整
セット価格 5,184円(7食)
送料 700円
1食平均単価 840円

ウェルネスダイニング タンパク&塩分調整の公式サイトはコチラ

腎臓病のためのおすすめは「食宅便 タンパクケア」

@@@@@@@@@@@@@画像@@@@@@@@@@@@

「食宅便 タンパクケア」をおすすめする3つの理由

  1. リーズナブルな価格
  2. 主菜2品、副菜3品
  3. 信頼のブランド

主菜2品(肉と魚)副菜3品、合計5品のメニューをそろえているのは食宅便だけです。

 

実際に食べてみるとわかりますが、お弁当の中では結構おなかが膨れるほうですよ。

 

そんなボリューム感にもかかわらず、お値段はリーズナブルでコスパは非常に高い冷凍弁当です。

 

CMでもおなじみの食宅便はお弁当シェア全国1位で信頼されるブランドです。

食宅便 タンパクケアの公式サイトはコチラ

「食宅便 タンパクケア」の実食レポート

@@@@@@@実食レポート画像@@@@@@@@@

ボディメイクに関するタンパク質Q&A

バルクアップ(筋肉増量)や脂肪を減らす引き締めなどボディメイクに関するタンパク質の疑問、質問を紹介します。

1日のタンパク質の摂取量を教えてください。

活動量による1日の必要タンパク質量の目安
・特に運動していない人      :体重1kg0.9g
・運動で筋肉を大きくしたい人:体重1kg1.5g
・激しい運動をするアスリート:体重1kg2.0g

注意していただきたいのは、特に運動をしていなくても健康のためにはタンパク質の摂取は必要だということです。

厚生労働省の食事摂取基準によると、体内の臓器やホルモンを維持するためには体重(kg)当たり0.9g(成人の場合)のタンパク質が必要とされています。

健康の維持のためにはタンパク質は必須なのです。

筋肉をつけたい方や体の引き締めをしたい方は1.5gの摂取とトレーニングが必要です。

フリーウエイトなどでかなりの重量をあつかう方は2.0g以上が目安となります。


タンパク質はどのような食品から摂取すればよいのでしょうか。

下記を参考にしてください。
・肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、馬肉など)
・魚介類(青魚、マグロ、カツオ、鮭、貝類、海老、カニなど)
・卵類(鶏卵)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・大豆、大豆食品(豆腐、納豆、豆乳、味噌など)

脂質や糖質などの他の栄養素と異なり、タンパク質は体内に貯蔵できません
なので1日1日しっかり摂るようにしましょう。


タンパク質の摂取が少ないとどうなりますか。

筋肉をつけたい人だけがタンパク質が必要なのではありません。
アスリートだけでなく若者、高齢者、男女の区別なく非常に需要な栄養素です。
体の20%がタンパク質で構成されており、タンパク質が不足すると肌荒れや臓器の不調、筋力低下、貧血、免疫低下などの原因となります。
つまり、体調の不良に加えて、けがをしやすく病気もしやすい体になってしまいます。


タンパク質を摂りすぎるとどうなりますか。

「タンパク質を摂りすぎると腎臓を悪くする」とよくいわれます。
たしかにタンパク質を増やした直後は腎臓の数値が悪化することが確認されていますが、長期的にみると数値は安定してきて、元に戻ることが多いようです。

なので一概に「タンパク質を摂りすぎると腎臓を悪くする」ということは言えません。

むしろ問題なのは、運動もせずに、タンパク質を摂取しすぎると単なるカロリーのとりすぎとなってしまい肥満の原因となります。

引き締めや筋肉の増量を目指しているのに、逆の結果になってしまいます。

適正なタンパク質を摂取するように心がけましょう。


トレーニングをしない日もタンパク質を摂取した方がよいのでしょうか。

トレーニング中に筋繊維は破壊され、その後の休息中に再生します。
なのでトレーニングをしない日でもタンパク質は必要なのです。
休息日でも1日体重1kg当たり1.5~2.0gの摂取を心掛けてくださいね。


腎臓病に関するタンパク質Q&A

タンパク質を制限しなければならない病気について教えてください。

腎臓は老廃物の排出や血圧の調整などの働きがありますが、腎機能が低下するとタンパク質の代謝物が腎臓から排出されずに体内に蓄積し、尿毒症などを引き起こして、最悪の場合は死に至ることもあります。
腎臓の働きが低下した状態を「慢性腎臓病(CKD)」と言い、その原因のひとつとして、食生活が大きく影響していると言われています。


慢性腎臓病(CKD)の食事療法について教えてください。

タンパク質制限、塩分制限、カリウム制限、リン制限などの食事療法を行うことにより、腎機能障害の進行を抑え、慢性腎臓病の合併症を予防します。


タンパク質の1日の制限量を教えてください。

日本腎臓学会のガイドラインでは、標準体重当たり0.6~0.7g/日が推奨されています。 例えば、標準体重が60kgの患者さんでは、36~42gの蛋白制限となります。


タンパク質重視の冷凍弁当まとめ

今回紹介したお弁当とその特徴を一覧表にまとめています。
ぜひ、タンパク質関連のお弁当の購入を検討してみてくださいね。

お弁当名 コース名 特徴
マッスルデリ 3コース ボディメイクに最適
nosh(ナッシュ) 4コース マッスルデリより安い
食宅便 タンパクケア タンパクケアのおすすめ
ニチレイフーズ タンパク質コース 栄養表示が正確
ウェルネスダイニング タンパク&塩分調整 毎月新しいメニューが追加