食宅便の冷凍弁当レビュー※実食レポート&口コミ・評判!

今回の実食レポートはCMでもおなじみの食宅便を紹介します。

食宅便の特徴をひとことで言うと「あらゆるニーズに対応したコースとバラエティーに富んだ種類の冷凍弁当」です。

病院・福祉・保育施設への配食でシェア1位を誇る日清医療食品が提供している国内で最も信頼されている冷凍弁当です。

それでは早速、実食レポートを紹介します。

宅配食シェア1位の「食宅便」の公式サイトはコチラ

食宅便の実食徹底レポートPART1

今回は低糖質セレクト(7食セット)を紹介します。

「カジキの葱塩だれと鶏肉のガーリック醤油」

栄養成分表示

栄養成分 内容量
エネルギー 187kcal
たん白質 22.7g
脂質 7.0g
炭水化物(糖質・食物繊維) 8.0g(6.2g・1.8g)
食塩相当量 1.9g

主菜は「カジキの葱塩だれ」「鶏肉のガーリック醤油」
副菜は「卵といんげんのチャプチェだれ和え」「白菜と揚げのお浸し」「筍の土佐煮」

カジキの葱塩だれ

鶏肉のガーリック醤油

「カジキの葱塩だれ」
葱塩だれが効いていてすごく美味しい&食べ応えあり。
魚自体はたんぱくですがタレがいいです。

「鶏肉のガーリック醤油」
今回は魚のかじきがメインですが、鶏肉も味がしっかりついていて美味しいです。
これで塩分1.9gとは驚きです。

卵といんげんのチャプチェだれ和え

白菜と揚げのお浸し

筍の土佐煮

「卵といんげんのチャプチェだれ和え」
できればもう少し量がほしいところ、味はもんだいありません。

「白菜と揚げのお浸し」
お浸しはかなり薄く、もうちょっと塩味が欲しかったです。
唐辛子がピリリと効いていました。

「筍の土佐煮」
たけのこは好きなんですがたったの2切れなのでちょっと食べた気がしません。

総評:とにかく「カジキの葱塩だれ」が文句なしに美味しい!再度食べたい冷凍弁当です。

食宅便の実食徹底レポートPART2を見てみる

食宅便がおすすめな3つの理由

おすすめ3つの理由
  1. あらゆるニーズ(健康・病気・ダイエットなど)に対応したコース
  2. 和洋中のバラエティーに富んだ300種類のメニュー
  3. 注文しやすい、お手頃価格

おこのみセレクト、おまかせコース、低糖質セレクト、塩分ケア、たんぱくケア、カロリーケア1200、カロリーケア1600、やわらか食事あいーと、などあらゆるニーズに対応したコースがあります。

 

栄養のバランスを考えた健常者むけのものから病状にあわせた制限食、ダイエットようのメニューなどそろえています。

 

また、1食で約20品目の食材が使用されています。

 

自分で調理することを考えると、かなりの労力ですよね。

 

食宅便は、病院・福祉・保育施設への配食でシェア1位を誇る日清医療食品が提供しており、和洋中のバラエティーに富んだメニューをそろえています。

 

種類はなんと300以上、主菜が肉と魚の2品、副菜が3品、飽きさせないように配慮しています。

 

下記の「冷凍弁当の1食平均単価」を見ていただければ、お手頃価格というのが分かると思います。

 

食宅便より安い冷凍弁当は、ボリュームとカロリーがかなり少なめです。

 

ボリューム多めで、あるていど食べたい方にはお手頃な価格だと思います。

食宅便の残念な点とは?

残念な点
  1. 冷凍庫内のスペース問題
  2. お試しセットがない

食宅便に限らず、どの冷凍弁当にも冷凍庫内のスペース問題はあります。

 

購入前に必ず空きスペースを確認しましょう。

 

他の冷凍弁当では「お試しコース」があるものが多いのですが、食宅便にはありません。

 

制限食以外を購入される方は「おこのみセレクト」で自分の好きなものを注文するといいでしょう。(4食から購入可能)

食宅便の冷凍弁当の口コミ・評判!

よい口コミ

  • 制限食がレンチンだけで食べられる。
  • 常に主菜が2つ(肉と魚)ある。
  • メニューが多くて飽きない。

カロリーや塩分、糖質、たんぱく質などの制限食を自分で調理するには、めちゃくちゃ時間がかかります。

ましてや、毎日作るとなれば。。。

それがレンチンだけで済むんですから大助かりですね。

自炊より多少コストがかかっても冷凍弁当のほうが効率がいいかもしれませんね。

お弁当の中で主菜が2つ(肉と魚)というのは食宅便だけです。

他の冷凍弁当は肉か魚のどちらかです。

主菜が2つでしかも種類が300以上あって、お値段も手ごろとなれば、食宅便が人気なのも頷けます。

残念な口コミ

  • 美味しくない(味が薄い)
  • 他の食品が冷凍庫に入らない

口コミで多かったのが美味しくないというものですが、特に「味が薄い」という意見が目立ちました。

塩分等栄養のバランスを重視している食宅便の冷凍弁当は、味が濃い食生活をしている方にとっては薄く感じ、それが美味しくないと思うようです。

健康のことを考えると薄味がおすすめですよ。

また、計画的に購入することでスペース問題を解決しましょう。一度に2セット(14食)は厳しいので1セット(7食)を目安にしましょう。

食宅便の注文、支払い、配送情報Q&A

冷凍弁当の注文から到着までのポイントをQA形式で紹介します。

食宅便の冷凍弁当のコースと料金を教えてください。

コースと料金は下記の通りです。

コース セット食数 セット料金 1食単価
おこのみセレクト 7食 3,920円~ 560円~
おまかせコース 7食 3,920円 560円
低糖質セレクト 7食 3,920円 560円
塩分ケア 7食 4,340円 620円
カロリーケア1200 7食 4,340円 620円
カロリーケア1600 7食 4,340円 620円
たんぱくケア7食 7食 4,340円 620円
やわらか食事あいーと 7食 4,406円 629円

送料や手数料について教えてください。

1度の配送で390円(税込み)かかります。
1セット7食入りで2セット14食までは390円、それ以上は1セットにつき390円ずつ加算されます。
代金引換の場合は1度の注文(2セットまで)につき320円(税込み)手数料がかかります。


定期購入について教えてください。

毎回注文(単発)の場合は最短で注文日の4日後の日時指定ができます。
食宅便のどのコースでも、毎回注文(単発)に対応しています。
定期購入の「らくらく定期便」は下記の9コースから選べます。

コース名
おまかせコース(A・B)
塩分ケア
たんぱくケア
カロリーケア1200
カロリーケア1600
低糖質セレクト
やわらかい食事(あいーと)
おうち de ヘルシー丼
健康応援マーケット

定期購入「らくらく定期便」の場合は配達間隔を以下の3つのパターンから選べます。
・毎週お届け
・隔週でお届け
・4週間に1回お届け

また、配達のペースの方が早すぎるときはスキップ機能で一時的に配達を停止することもできます。
スキップの締切は、配達日の5日前です。


ポイントシステムについて教えてください。

会員登録がない状態で購入された場合、ポイントは付与されません。

会員登録がポイント付与の条件になります。

ポイント対象は「おまかせコース、低糖質セレクトコース、おこのみセレクトコース、ケアシリーズ、健康応援マーケット、はらすまダイエット、限定セット、おうちdeヘルシー丼、逸品おかず、特選おせち」などです。

毎回注文(単発)の場合は購入金額(税別)の1%、定期購入は2%がポイントとして付与されます。

500ポイント以上たまると景品に交換できます。

食宅便購入に同封のポイント景品カタログで、圧力なべなどの調理器具、または毛ガニや高級牛肉などを選べます。

1,000ポイント以上たまると食宅便購入の購入にも利用できるようになります。


配送業者&受け取り時間について教えてください。

ヤマトのクール便で届くので、お届け曜日と時間の指定ができます。
注文から到着まで最短で4日です。

時間指定は下記の通りです。

午前中
14~16時
16~18時
18~20時
19~21時

不在時は再配達となります。

土日や夜でも届けてもらえるので平日は不在という方も大丈夫です。


配達エリアについて教えてください。

全国に配送可能です。
ただし、伊豆諸島(大島・八丈島を除く)および小笠原村(小笠原諸島)だけは配達不可能エリアとなっています。


支払い方法について教えてください。

クレジットカード、代金引換を利用できます。
クレジットカードはJCB、VISA、MASTER CARD、ダイナース、アメリカン・エキスプレスが利用できます。
おまかせコースのらくらく定期便の電話注文のみ、口座振替を利用できます。


食宅便の会社情報について教えてください。

会社情報は下記の通りです。

正式名称 食宅便
会社名 日清医療食品株式会社
住所 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング20階
電話番号 03-3287-3611(代表)
公式HP https://shokutakubin.com

食宅便の実食徹底レポートPART2

「牛肉の味噌煮込みとあさりの卵とじ」

栄養成分表示

栄養成分 内容量
エネルギー 231kcal
たん白質 18.5g
脂質 12.7g
炭水化物(糖質・食物繊維) 10.7g(9.8g・1.5g)
食塩相当量 1.5g

主菜は「牛肉の味噌煮込み」「あさりの卵とじ」
副菜は「茄子の中華胡麻醤油」「白和え」「牛蒡煮」

牛肉の味噌煮込み

あさりの卵とじ

「牛肉の味噌煮込み」
もう少し甘みが欲しいところ、ちょっと塩味が勝っているような、あくまで個人の感想です。

「あさりの卵とじ」
あさりと卵とあんがうまくマッチして美味しいです。塩味もしっかりついて満足の一品。

茄子の中華胡麻醤油

白和え

牛蒡煮

「茄子の中華胡麻醤油」
胡麻醤油の味がしっかりしていて食べやすいが、もう少しナスの歯ごたえがほしいところ。

「白和え」
いんげんの白和え、いんげんシャキシャキでさっぱり、副菜に最高。

「牛蒡煮」
歯ごたえがあって食べやすいです。

総評:個人的には「牛肉の味噌煮込み」はイマイチですが「あさりの卵とじ」は大変気に入りました。白和えのいんげんの歯ごたえには驚きました。レンジでもあんなにシャキシャキするんですね。ぜひ、食べてみてください。

「鶏肉の時雨煮と鮭(サケ)の塩焼き」

主菜は「鶏肉の時雨煮」「鮭(サケ)の塩焼き」
副菜は「けんちん煮」「白菜のクリーム煮」「昆布と白滝とえのきの煮物」

栄養成分表示

栄養成分 内容量
エネルギー 238kcal
たん白質 21.9g
脂質 14.3g
炭水化物(糖質・食物繊維) 5.2g(5.0g・0.2g)
食塩相当量 1.5g

鶏肉の時雨煮

鮭(サケ)の塩焼き

「鶏肉の時雨煮」
味はチョイうすですが、いんげんとしいたけが絡まると非常に美味しいです。
量も結構あって食べ応えがあります。

「鮭(サケ)の塩焼き」
骨なしの鮭なので食べやすい、味もそれほど塩辛くなくマイルドなテイストです。
ホウレン草のつけあわせもアクセントになって美味しいです。

けんちん煮

白菜のクリーム煮、昆布と白滝とえのきの煮物

「けんちん煮」
お弁当ではあまりお目にかかれない感じの野菜の煮物です。
ジューシーで味もしっかりしていて気に入りました。

「白菜のクリーム煮」
和風のお弁当のなかで唯一の洋風おかずです。
クリームは美味しいのですが、白菜のきざみが小さめで食べ応えがありませんでした。
もうちょっと大きく切ってもらえるといいなと感じました。

「昆布と白滝とえのきの煮物」
見た目はさっぱりと思いきや、思ったより甘辛で期待を裏切る美味しさです。

総評:どれも味がしっかりしていて減塩コースのお弁当とは思えない美味しさでした。
和風と洋風が程よくマッチして再度食べたいと思わせるお弁当です。

「豚肉の味噌炒めとオクラと海老の和風だし」

主菜は「豚肉の味噌炒め」「オクラと海老の和風だし」
副菜は「小松菜のお浸し」「大根とひき肉の煮物」「ワカメ旨塩あん和え」

栄養成分 内容量
エネルギー 181kcal
たん白質 13.6g
脂質 10.4g
炭水化物(糖質・食物繊維) 8.4g(6.3g・2.1g)
食塩相当量 1.7g

豚肉の味噌炒め

「豚肉の味噌炒め」
個人的にはもうちょっと甘みが欲しいところですが、あっさりしていて食べやすい主菜です。
ナス、ピーマン、キャベツそれぞれの食感があって美味しいですよ。

オクラと海老の和風だし

「オクラと海老の和風だし」
えびとちくわはプリプリして美味しいですが、オクラの歯ごたえがなさすぎ。
オクラだけ味も薄いです。
でもメインの海老が美味しいのでよしとします。

大根とひき肉の煮物&ワカメ旨塩あん和え

小松菜のお浸し

「大根とひき肉の煮物」
ひき肉の味はあまりしませんが、大根に味が染みていておすすめの一品です。
けっこう大根が大きめに切ってありますので食べ応えもあります。

「ワカメ旨塩あん和え」
わたしにはちょっとしょっぱいかな、もう少し薄味が好みです。

「小松菜のお浸し」
カツオ風味の小松菜のお浸し、食感がもう少しあれば言うことありません。

総評:ワカメの副菜以外は完成度の高い冷凍弁当です。
野菜と豚肉のマッチ感、海老のプリプリ感、大根のシャッキリ感などいろんな食感が楽しめる美味しいお弁当でした。

「鶏肉のハーブガーリックと鮪の生姜煮」

主菜は「鶏肉のハーブガーリック」「鮪の生姜煮」
副菜は「キャベツとコーンの塩だれ和え」「青梗菜とカニの中華和え」「きのこソテー」

栄養成分 内容量
エネルギー 205kcal
たん白質 23.7g
脂質 8.5g
炭水化物(糖質・食物繊維) 8.4g(6.1g・2.3g)
食塩相当量 2.0g

鶏肉のハーブガーリック

「鶏肉のハーブガーリック」
ハーブとにんにくがしっかりしていて食べ応えもある鶏肉です。
見た目は油っぽいですがあっさりして食が進みます。
もうすこしパプリカが歯ごたえがあるといいと感じました。

鮪の生姜煮

「鮪の生姜煮」
量は少ないですが、食べ応えのあるマグロです。
思ったより甘めに味付けされています。

青梗菜とカニの中華和え&きのこソテー

キャベツとコーンの塩だれ和え

「青梗菜とカニの中華和え」
ほんのりとカニの風味がする青梗菜です。
青梗菜もそうですが、ホウレン草などの葉物とレンジの相性はあまりよくないように感じました。
ちょっとパサついているのが不満な点です。

「きのこソテー」
ちょっと塩味が勝っているような気がします。
キノコは味が染みやすいので好き嫌いが分かれるかもしれません。

「キャベツとコーンの塩だれ和え」
塩だれというほどの味はついていないように感じます。
まぁ、どこにでもあるキャベツコーンで、あえて言えばシャッキリとしています。

総評:鶏肉のハーブガーリックと鮪の生姜煮の主菜の2品は文句なく美味しいのですが、副菜がどれも標準以下のような気がしました。
きのこソテーのしょっぱさもちょいと気になりました。

「鱈(タラ)のおろしポン酢と鶏すき」

主菜は「鱈(タラ)のおろしポン酢」「鶏すき」
副菜は「カリフラワーのハーブ和え」「いんげんとコーンのバター炒め」「もやしと木耳のラー油和え」

栄養成分 内容量
エネルギー 189kcal
たん白質 21.0g
脂質 7.6g
炭水化物(糖質・食物繊維) 9.1g(8.7g・0.4g)
食塩相当量 1.7g

鱈(タラ)のおろしポン酢

「鱈(タラ)のおろしポン酢」
すっぱめのポン酢がきいていてGOOD。ポン酢の味には好き嫌いがあるかもしれません。なすやきのこ、にんじん、大根おろしなどつけたしも気が利いています。

 

鶏すき

「鶏すき」
甘辛のたれに鶏肉、シイタケ、豆腐がよくあいます。白菜はちょっとしょっぱいかも。。全体的に食べ応えがあって満足です。

いんげんとコーンのバター炒め&もやしと木耳のラー油和え

カリフラワーのハーブ和え

「いんげんとコーンのバター炒め」
バターコーンが非常に美味しい、これでいんげんがシャッキリしていれば何も言うことなし、ちょっと残念。

「もやしと木耳のラー油和え」
もやしきくらげは中華風でした。このポケットは一番小さく、あまり特徴のないものが多いのですが、ピリッとしていて自己主張がありました。

「カリフラワーのハーブ和え」
カリフラワーとベーコンの塩味がマッチしていて食べやすい一品。バターコーンとカリフラワーベーコンの2品が洋風です。

総評:もう一度食べたいお弁当です。はずれが全くない完璧な5品でした。
和2、洋2、中1とバラエティーに富んだメニューでした。

「赤魚のアボカドソースと豚肉のソテー」

栄養成分 内容量
エネルギー 267kcal
たん白質 17.5g
脂質 19.7g
炭水化物(糖質・食物繊維) 5.2g(3.7g・1.5g)
食塩相当量 1.9g

主菜は「赤魚のアボカドソース」「豚肉のソテー」
副菜は「ワカメと豆もやしの中華和え」「炒り卵」「いんげんの洋風和え」

赤魚のアボカドソース

「赤魚のアボカドソース」
赤魚は美味しいんですが、私てきにはアボカドソースがいまいちというか、アボカドの味があまりしないんですよね。
ほかのソースにしたほうがいいです、あくまで個人の意見ですから。。。

豚肉のソテー

「豚肉のソテー」
キャベツのシャッキリした歯ごたえと豚肉ソテーの塩味がマッチして美味しいですよ。
もうちょっと、量があれば言うことなしです。

炒り卵&いんげんの洋風和え

ワカメと豆もやしの中華和え

「炒り卵」
和と洋の中間みたいな何とも言えない味ですが、食べやすくて美味しいです。

「いんげんの洋風和え」
塩味が多かったお弁当の中で、歯ごたえと甘みのあるいんげんはアクセントなります。

「ワカメと豆もやしの中華和え」
豆もやしはほとんで入ってなかったですが、その分ワカメがいっぱい入って食べ応えはあります。

総評:可もなく不可もなくという感じでしょうか。主菜はそこそこ美味しいんです。副菜も不満があるわけではないのですが。。まぁ、取り立てて不満があるわけではなく普通に美味しいという感じです。魚好きにはうれしいお弁当だと思います。

食宅便実食レポート&口コミ・評判のまとめ

食宅便のコース、特徴、おすすめの方をまとめました。
参考にしてくださいね。

コース 特徴 こんな方におすすめ
おこのみセレクト 好きなメニューを選べる 20~30代の健常者
おまかせコース おまかせはABの2セット 単身赴任、一人暮らし
低糖質セレクト 糖質が平均5.7g 糖質制限ダイエット、糖尿病
塩分ケア 塩分2.0g以下 高血圧症、糖尿病、高尿酸血症
カロリーケア1200 1食あたり400kcal
(※ご飯100gと食べた場合)
カロリー制限ダイエット女性、糖尿病
カロリーケア1600 1食あたり530kcal
(※ご飯150gと食べた場合)
カロリー制限ダイエット男性、糖尿病
たんぱくケア7食 タンパク質13g、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下 腎臓病、人工透析
やわらか食事あいーと やわらかく調整 高齢者

宅配食シェア1位の「食宅便」の公式サイトはコチラ